人生というゲームの新しい遊び方

「あまのじゃくで生きよう」~完全に自由な状態で本音を問えば自分が見えてくる~すべての人が成功する天国の方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい時代を生きるあなたへ(6) 2

これは、「トータルライフコンサルタント」長谷章宏氏の著作『人生というゲームの新しい遊び方』より抜粋したものです。

この著作は初版1刷発行が1994年3月25日であり、約14年前のものですが、まさに今の時代を予想していたかのごとく、現在の社会状況にピッタリの内容となっております。

今、まさに、歴史上かつてない激動の時代です。この激動の時代に、すべての人が成功する天国の方法として、毎週2回、著書より抜粋して掲載してまいります。

***************************************
(連載 No.51)

新しい時代を生きるあなたへ(6) 2

ただ一つのルールを守ればあなたは何をしても自由
 あなたが守るべき唯一のルールというのは、「自分のしたことに責任をもつ」ということです。そして、あなたの人生を支配する唯一の法則は「自分が与えたもの(与えた意味、したこと)が、(すべて)自分に戻ってくる」ということです。これ以外にありません。あなたが、普遍的なルールだと思っていること、あなたがあたりまえだと思っていることは、すべてそう思うことをあなたが選んでいるだけです。あなたの人生で、あなたが何をするかは、あなたの自由なのです。あなたがしたことは、すべてあなたの責任としてあなたのところに戻ってくるだけです。人に責任を預けていると、それがあなたを制限することになります。
 あなたが、完全に自分の責任で行動しているとき、誰が何と言おうと、あなたの行動はとめられません。とめる理由がなくなるのです。あなたが責任を外に見ている分だけ自分の時間をその人に使うことになり、自分で自分を制限していることになります。あなたが自分自身の人生を生きているとしたら、あなたは人に認めてもらう必要はないのです。そういう状況が必要になるということは、その人に自分の人生を預けているということです。人に頼っている限り、あなたはそういう体験をし続けることになります。
 法律には、必ず罰則があります。それは、その行動自体が、してはいけないことだというわけではないからです。あなたがやりたいならば、行動することが可能だからです。「それをすると人が迷惑する」と思い込んでいる人が多いとき、そうならないように、「人に迷惑が掛からないようにする」ため、「それをすると怖いぞ」と脅すことが必要になるのです。そういうものを、今の常識では「悪いこと」といい、それをやると迷惑だから、それをすると苦しむような見返りを用意して牽制するシステムを創り出しているだけです。それが真実かどうかは別にして、今ここでは、「それをやると迷惑だ」と考えている人が多いというだけです。その行動自体には決まった意味はありません。あなたが罰則をうけるならば、やってもいいのです。その代わり、あなたは自由を拘束されることになります。その罰則を破ると、どんどんきつい罰則が待っています。それが、今ここの法律というシステムです。恐れを使って、「悪い」行動を制限し、「良い」行動を皆がするようなシステムを創っているだけです。
 「良い」「悪い」という分け方で、行動を制限している限り、完全な自由、天国というものはやってくることはありません。何故なら、「悪い」行動をとれないからです。すべてを自由に行動して、初めて、欲しいフィーリングを体験できる方法が見つかるのです。今ここでは、自分の中にある、「悪い」と言われている方法を体験してみることが、人生の真実に気づくための鍵なのです。「正しい人生」を生きている限り、人生のすべてのメカニズムを知ることはありません。そして、永遠に天国を体験することもないのです。
 本来は、あなたは完全に自由な存在なのです。でも、今ここにある法律は、ある生き方を正しいものと決めて、あなたの自由を強制的に拘束するように創ってあるのです。それをしてはいけないのではなくて、してはいけないと勝手に決めているだけです。皆でそういうゲームをしているだけです。あなたが何をしようと「あなたのしたことは、あなたに戻ってきますよ」というだけのことに過ぎないのです。自分で罰則や周りの批判をうけるならば、何をやってもよいのです。誰かに迷惑が掛かるということは、考える必要はありません。迷惑かどうかは、あなたに人生を預けている人、あなたに責任を預けている人が、それぞれが勝手に決めることです。「迷惑な行動」というものがあるわけではないのです。あなたの行動が、自分にとって都合が悪いと思えば、何でも自由にできるのです。あなたが、そうなることを恐れているだけなのです。すべてを手放すと楽になります。
 すべての人間関係は、「あなたと私」のメカニズムで動いています。表面上の関係が、あなたのそれぞれが「自分が(私が)安全かどうか」という目ですべてを見ているのです。みんな自分が一番大切なのです。人の行動を制限するということは、自分をも制限するということです。「迷惑だからやめろ」と言ったとき、それが法律になると、自分もそれができなくなるのです。
 「心配」も「迷惑」も自分勝手な言い分です。「私が心配だから」「私が迷惑だから」やめてくれ、と言っているだけです。どんな理由であれ、その人が自分の欲求を満たすための理屈に過ぎません。「自分は正しい、あなたは間違っている、だからやめろ」と自分に都合のよい理屈を持ち出してきて、自分の正当性を主張し、「自分は正しい」という前提で議論を始めるのです。その人が言っていることは、その人にとってはすべて「正論」です。あなたが幾ら「間違っている」と言ったところで、絶対に認めようとしません。あなたがその人を間違っているという理由も、あなたのものなのです。お互いに「正しい基準」が違うのですから、平行線のままなのです。あなたが相手のその理屈を認めるかどうか、で「勝負」が決まるのです。
 今ここで行われているゲームは、誰かが何かをしようとすると、必ず、相手の迷惑になるゲームになっているのです。自分がしたいことをするために、自分の感情を気持ち良くするために、人の行動を制限することになるのです。自分が何も失わないで、何かを得ようとしているとき、そういうことになるのです。言わば、お互いに迷惑を掛け合って生きているようなものです。すべてお互い様なのです。それに気づかず、「迷惑だ」「あんたのせいだ」と言っていることで、トラブルというゲームをわざわざ体験する結果になっているのです。一番よい方法は、お互いが自分勝手に自分のしたいことをすることを許すことです。「愛」は許すことから始まるのです。
 そこには、あなたが人をコントロールしたとしても、相手がそれを聞かなくても、あなたは文句は言えないということも含まれています。つまり、あなたが人をコントロールすることは無駄なことだということです。そして、自分の周りのものを変えようとしなくても、自分の欲しいものを手に入れる方法があるということです。周りの人をコントロールするのではなく、自分の欲しいものを手に入れる協力者になってくれるように交渉すればよいのです。そして、その答えはその人の自由だということです。自分のしたいことをして、お互いに交渉して、協力しあって、提供しあって、お互いの欲しいものを手に入れていくということです。あげたいものを欲しい人にあげて、欲しいものをくれる人にもらう。お互いが満足のフィーリングを感じるゲームです。
 自分が何かを手に入れるために、誰かを傷つける必要も、コントロールする必要もないのです。人生は、「ギブ・アンド・テイク」ではなく、「ギブ・アンド・ギブ」なのです。お互いに、何かを提供して何かを提供してもらうということです。そこでは、取った取られたの関係は存在しないのです。損も得もない、つまり、お互いに必要なものだけが満たされていくということです。あなたが、その瞬間、必要なものだけが常に手元にあるということです。

***************************************

最新の連載記事は、先行して「都の風」(TLC匠公式WEBサイト)にてご覧いただけます。


ブログランキングに参加しています。
ご協力頂ける方は下の二つのバナーをそれぞれクリックしてください。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング参加中。 1日1度の応援プッシュをお願いします。

にほんブログ村ランキング

ランキング参加中、ご協力お願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

tlctakumi

Author:tlctakumi
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。