人生というゲームの新しい遊び方

「あまのじゃくで生きよう」~完全に自由な状態で本音を問えば自分が見えてくる~すべての人が成功する天国の方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい時代を生きるあなたへ(2) 4

これは、「トータルライフコンサルタント」長谷章宏氏の著作『人生というゲームの新しい遊び方』より抜粋したものです。

この著作は初版1刷発行が1994年3月25日であり、約14年前のものですが、まさに今の時代を予想していたかのごとく、現在の社会状況にピッタリの内容となっております。

今、まさに、歴史上かつてない激動の時代です。この激動の時代に、すべての人が成功する天国の方法として、毎週2回、著書より抜粋して掲載してまいります。

***************************************
(連載 No.35)

新しい時代を生きるあなたへ(2) 4

 すべての人が成功する「天国の方法」というものがある
 私は、常に自分自身に正直な選択をすることによって、あらゆる情報を自由自在に料理し、自分の人生に応用する方法をみつけました。それが、今ここであなたに提供している様々な情報なのです。「人に干渉せずに自分勝手に生きる」「自分のしたいことをする」「自分に正直に生きる」自分の直感に従って生きる」「自分優先に生きる」「今この瞬間を生きる」何とでも言えますが、皆同じ生き方を表しています。つまり、今までと全く反対の生き方を実践するということです。これは、すべての人が「天国」を体験できる唯一の方法なのです。
 この「天国の方法」を使うのには、何の資格もいりません。年齢も、性別も、経験も、学歴も、経済状況も、犯罪歴も、国籍も、宗教も、思想も、いままでやってきたことも、前世で何をしてきたかも、一切、何も関係ありません。この生き方をしようという意思があるならば、地球上のすべての人間に開かれている方法なのです。使いたい人だけが、自由に使えばよいことです。だれも干渉することは許されません。してもいいですけれど無駄なことです。
 この方法には、たった一つだけルールがあります。それは、「自分のしたことに責任を持つ」ということです。これさえ守れば、「罪悪感」を手放すほど、行動すればするほど、その効果を体験し、自分の夢を形にしながら、「この世の天国」に近づいていきます。そして、あなたは、自由自在に人生を遊ぶことができるようになるのです。みんなが遊べるようになったとき、みんなが成功できる「天国のシステム」が創り出されているということです。
 すべてのシステムはプロセスを一つ一つ歩んでいく結果なのです。創ろうと思って創っているときは、それを創り出すことはできません。「古いシステム」で「新しいシステム」を創ることになるからです。まずは、意識のプログラムを交換することから始めるのです。それを一つ一つ形にしていくことで、自動的にすべて形になっていくのです。
 「天国の方法」には、計画も反省もいりません。それをすると、かえって「天国の実現」が遅れることになるだけです。「前例」も「慣例」も「常識」も「良い悪い」も何も関係ありません。ただ、「今この瞬間にしたいことをするだけ」です。これは、大きな視点で「成功」するための方法です。完全に自由なプログラムを創りだして、毎瞬毎瞬、直感を通して、一つ一つ形にしていくだけです。今のこの瞬間を積み重ねていくことで、完璧なタイミングで天国への道を体験していくのです。つまり、そのプログラムで何が起きようとも、すべて成功しているということです。「天国の方法」では、「失敗」や「リスク」という概念は存在しないのです。あなたの人生を完全に思いどおりコントロールできるようになるため、欲しいものをすべて手に入れるために、唯一の安全確実な方法です。だから、「天国の方法」なのです。
 「天国の方法」を使うかどうかは、一人一人の問題です。家族といえども同じ行動をする必要はありません。あくまでも一人一人がどうするか、という問題です。あなたの選択を人にさせることはできませんし、人の選択をあなたがする必要もありません。そういうゲームが、今までのたくさんのトラブルを創り出していたのです。あくまでも、「一人一人が、自分の生き方を選びなおす」という作業なのです。「一人一人が自分が本当に生きたいシナリオを生きる」ということです。今ここにある様々なルール、制限はすべて「幻想」に過ぎません。あなたがそれにこだわっている限り、今ここでしている体験が続くだけです。あなたが創り出しているすべての制限やワク、ルールはすべてあなたの中にあるものなのです。すべての人が一斉にそのワクを意識の中から外すことを決めれば、一瞬のうちに、すべてのワクを無くすことも可能です。「そんなことはできるわけがない」というのもあなたが創り出している制限なのです。自分がそう言っている限り、それが続くだけです。その制限をどうするかというのはあなたの自由です。
 結局は、あなたの人生というのは、あなたという意識が、いろいろな観念、ルールという道具の中から、好きなものを選んで、シナリオというパズルを組み立てて、肉体という服を着て、物理次元という遊び場で形にして遊んでいるだけです。わざわざ苦しいドラマを創る必要はないのです。「遊び」というのは楽しいものです。「仕事と遊び」「勉強と遊び」があるのではなく、全部「遊び」なのです。

社会や政治に文句を言う前に自分のしているゲームを見直そう
 みんなが同意したルールが社会を創り出しているのです。つまり、同意するルールを変えれば全く別の社会が創れるということです。実際はこれ自体に皆が同意していないところにトラブルの芽があるのです。正確に言うと、社会というのは「多くの人が同意しているルール」が創り出したゲーム、「人数が多い意見が正しい」という幻想のゲームなのです。多数決、少数意見というものも、そのシステムの反映なのです。どっちが良いか悪いかという問題ではないのです。「大勢の人が一つの結論を時間内に求める必要がある」という幻想ゲームの中で「多数決」が必要になるというだけです。「少数意見」を聞いている暇はない、聞いているときりがない、という幻想ゲームをしているだけです。「少数意見を聞け!」と怒ったところで、今のままのシステムでは無理な話だということです。「みんな一緒に形を創りましょうゲーム」では、そういう結果になるのは当然のことなのです。「反対!反対!」と唱えても、損得ゲームをしているシステムの中では、何かを決める権限のある人物の損得勘定ですべてが決まるのです。
 政府のすることに反対しても、国が対外的に損をすることは、政府はやりません。個人レベルでも、自分が損をしないように、自分を守るように動くのと同じです。自分たちがやっていることと同じことを国や県や市や町や会社や学校でもやっているのです。結局は、個人個人の人間関係のメカニズムがおおきな組織にもそのまま反映しているのです。国と言っても、国という人間が何かをしているのではなくて、ある人間の意志が国の意志になるだけなのですから。
 政府のすることに反対しても、国が対外的に損をすることは、政府はやりません。個人レベルでも、自分が損をしないように、自分を守るように動くのと同じです。自分たちがやっていることと同じことを国や県や市や町や会社や学校でもやっているのです。結局は、個人個人の人間関係のメカニズムがおおきな組織にもそのまま反映しているのです。国と言っても、国という人間が何かをしているのではなくて、ある人間の意志が国の意志になるだけなのですから。
 国を変えようとする前に、政府に文句を言う前に、自分のやっているゲームをもう一度見直すことです。損する人もいれば得するひともいるゲームの中で、自分の望みをすべて満たそうとしても無理な話です。あるシステムの中で創り出されたものを見れば、そのシステムを創り出している原理自体を変えないかぎり、同じものが創り出されるだけです。創り出されたものを見て、それがあるからできないと言っているときは、そのシステムを続けることに同意しているのと同じなのです。「私は枠のなかにいます」と宣言しているようなものなのです。
 すべての現実を創り出している原理は非常にシンプルです。「変えることを決めれば変わる」のです。そして、それを決めるのは一人一人の自由な意志です。あなたが自分を生かすも殺すも「自分次第」なのだということです。

***************************************

最新の連載記事は、先行して「都の風」(TLC匠公式WEBサイト)にてご覧いただけます。


ブログランキングに参加しています。
ご協力頂ける方は下の二つのバナーをそれぞれクリックしてください。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング参加中。 1日1度の応援プッシュをお願いします。

にほんブログ村ランキング

ランキング参加中、ご協力お願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

tlctakumi

Author:tlctakumi
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。