人生というゲームの新しい遊び方

「あまのじゃくで生きよう」~完全に自由な状態で本音を問えば自分が見えてくる~すべての人が成功する天国の方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい時代を生きるあなたへ(2) 2

これは、「トータルライフコンサルタント」長谷章宏氏の著作『人生というゲームの新しい遊び方』より抜粋したものです。

この著作は初版1刷発行が1994年3月25日であり、約14年前のものですが、まさに今の時代を予想していたかのごとく、現在の社会状況にピッタリの内容となっております。

今、まさに、歴史上かつてない激動の時代です。この激動の時代に、すべての人が成功する天国の方法として、毎週2回、著書より抜粋して掲載してまいります。

***************************************
(連載 No.33)

新しい時代を生きるあなたへ(2) 2

あなたそのものが情報である
 人の意見というものは単なる参考に過ぎません。ただ、私の提供する情報は、使っていくプロセスであなた自身に証明されると同時に、プロセス自体が、あなたの望む人生に直結しているのが特徴です。あなたが自分自身に使え、自分自身に証明されれば、それでよいのです。人に証明しようとすると困難を体験することになります。すべて情報はあなたのための情報なのです。
 あなたの目の前には、たくさんの情報があります。そして、あなた自身の声も情報です。言わば、あなたそのものものが情報であり、実際は、あなたとあなたの周りとはひとつなのです。あなたの外側に優先関係や上下関係はありません。人が何と言おうと、すべてあなたが創りだしている幻想に過ぎません。あなたが関係そのものなのです。あなたが人生そのものなのです。でも、あなたが疑ったり、無視したりすることで、情報は単なる情報で終わってしまいます。あなたが、過去を後悔し、未来を心配する事ばかりやっていると、今ここにある情報を見逃して、永遠に欲しいものが手に入らないことになります。
 あなたに必要な情報は、今この瞬間にすべてあります。あなたが、どのくらいココロも体も今この瞬間にいるか、どのくらい周りと一つに溶け合っているか、どのくらい自分自身の声にアンテナを張りめぐらしているかによって、あなたの人生を大きく左右する情報に出会えるかどうかが決まるのです。あなたが何かを気にしたり、何かに気を取られたりしていて、今ここにあるものを逃がしても、すべてあなたの責任です。

上か下かの関係がすべてのトラブルを創り出している
 今までの「常識」の世界では、あなたがやりたいことをすると、誰かが「迷惑」に見えるようなシステムができ上がっています。長い年月をかけて、足を引っ張り合い、夢を実現させないシステムが形になってしまっているのです。「自分の心地よさを得るために、人の心地よさを犠牲にする」「人を制限して自分が自由になる」「自分の期待するものを手に入れるために自分以外を変えようとする」そういうやり方が形になっているのです。そして、「人に迷惑をかけないようにしなければならない」「弱い者や目上の人は大事にしなければならない」「しつけや教育は大人の義務だ」「悪いことはしてはいけない」「悪いことをさせないようにすべきだ」「(自分を犠牲にしても)人のために生きることが良いことなのだ。」「自分勝手、自分中心の生き方は良くないのだ」等々、そういう考え方が「常識」となり、そのシステムの中で、それが当然であるかのように教えられ、皆そろってそういう行動をしてきたというわけです。その結果が、今ここで起きている様々な混乱の状況なのです。それを続ける限り、その観念の伝達が永遠に続き、そのシステムが永遠に存在し続けることになるのです。どこかで方向転換しない限り、この先もずっと永遠にそれが続くだけです。
 それはすべて「幻想」が形になったものに過ぎません。変えようと思えば、いつでも変えられるのです。「そういうことはできない」「それはちょっと無理だ」と言っているから変わらないだけのことです。その「AかBかを決める、価値判断するゲーム」を手放さない限り、何も変わりません。現在の社会システムは、「どっちが上でどっちが下か」「どっちが優先か」「どっちが正しいか」といった力関係を決めないと、行動できなくなるシステムですから、自分の欲しいものを手に入れるためには、自分の表面上の力を創り出す必要が出てきます。それが、脅し、ワイロ、ゆすりといった行動を創り出す結果になっているのです。その大きなシステム自体を取り替えない限り、「悪いことだからやめさせよう」としても、永遠にいたちごっこが繰り返されるだけです。「悪いこと」や「犯罪」を無くしたければ、「それを無くそうとすること」をやめることが必要です。
 これは、今のシステムの中で創りだされる当然の結果です。自分の欲求を満たすためには何をやってもよいという自由意志を今ここにシステムの中で使うと、そういうことが始まるのだということなのです。それが「悪いこと」だというわけではなく、自分が欲しいものを手に入れたい人間の欲求と「本来の自由な存在であるという性質」が、今ここのシステムと作用しあうと、そういうゲームが創りだされるというわけです。
 そこでは、「親子」「師弟」「上司部下」「恩や義理」といった表面上の関係を、力を創りだす道具にして、自分以外の人をコントロールして、自分の欲しい状態を手に入れ、自分の期待通りの行動をさせるというゲームが平然と行われることになります。「目上の人には礼儀をもって接すること」「恩や義理を欠くのは人間として悪いことだ」といった上下を表す考え方を都合よく使って、自分の欲しいものを手に入れるゲーム、このシステムを教え込むゲームが、大なり小なり「正しいこと」「当然のこと」として行われているのです。それが「法律に触れたとき」だけ、犯罪と言われる行為になり、「社会的責任」なるものが生じてくるとされているだけです。「法律を守らなければならない」というのもこのシステムを運用していく上で必要があって創り出されたものに過ぎないのです。
 本来は、すべての人が「対等な存在」であり、考え方や意見の上下というものはないのです。でも、それは今までのシステムの中では通用しません。そういう考え方は「理想論」であり、「そんな甘いことを言っていたら生きていけない」という結論になるからです。「自分を心地悪くするものはすべて悪いこと」「悪いことは迷惑なこと」「迷惑なことはやってはいけない」「やってはいけないことをする人には罰を与える」という論理でたくさんの制限が創り出されているのです。何らかの理屈をつけて自分の力を誇示しなければ、欲しいモノは手に入らない競争システムなのです。あなたが人を傷つけずに自分の心地よさを得るために、別のシステムを選び、生き方を変えたとしても、それがその人にとって都合が悪いものであったとき、その人は、いろいろな理屈をつけて、それがどんなに(自分にとって)悪いことであるかを説いて、平気で「やめろ」というゲームを始めることになるのです。 
 「自分の利益優先」「自分の心地よさ優先」「自分の感情は自分以外の人の行動が創るのだ」というゲームが、今までの社会を創りだしていたのです。「人の迷惑省みず、自分だけが得すればよいという自分勝手なゲーム」「できるだけ多く、できるだけ早くモノで満足を得るゲーム」「得たモノを失わないように、またまた力を使ってそれを守るゲーム」が今までのゲームであり、今ここで、そのツケが様々な形で混乱として現れているのです。そして、そのシステムのままで、その考え方を使って、その混乱を解決しようとして、どんどん泥沼の中にはまっていっていることに気づいていないことが、今ここで起きている混乱を増幅する原因なのです。
 「混乱する」というのは、実は「お互いを統合する」という意味です。「混乱」というのは悪いことではなく、統合するためのきっかけなのです。「混乱」があれば必ずそれを「統合」する方法が存在するのです。もともとはすべてひとつのものです。そのシステムから抜け出すこと、つまり、全く新しいシステムを創り出すことが必要なのです。「混乱しないようにする」ことが、実は、「より大きな混乱を創り出す」ことになるということ、言い換えれば、「混乱するのを黙って見ている」ことが「混乱を収拾する唯一の方法」だというわけです。

***************************************

最新の連載記事は、先行して「都の風」(TLC匠公式WEBサイト)にてご覧いただけます。


ブログランキングに参加しています。
ご協力頂ける方は下の二つのバナーをそれぞれクリックしてください。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング参加中。 1日1度の応援プッシュをお願いします。

にほんブログ村ランキング

ランキング参加中、ご協力お願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

tlctakumi

Author:tlctakumi
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。