人生というゲームの新しい遊び方

「あまのじゃくで生きよう」~完全に自由な状態で本音を問えば自分が見えてくる~すべての人が成功する天国の方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい時代を生きるあなたへ(2) 1

これは、「トータルライフコンサルタント」長谷章宏氏の著作『人生というゲームの新しい遊び方』より抜粋したものです。

この著作は初版1刷発行が1994年3月25日であり、約14年前のものですが、まさに今の時代を予想していたかのごとく、現在の社会状況にピッタリの内容となっております。

今、まさに、歴史上かつてない激動の時代です。この激動の時代に、すべての人が成功する天国の方法として、毎週2回、著書より抜粋して掲載してまいります。

***************************************
(連載 No.32)

新しい時代を生きるあなたへ(2) 1


この章は、新しい人生を始めようとしているあなたの参考にしていただくために、私がこの生き方を始めた経緯について、簡単な体験談を書くことから始めることにしたいと思います。

自分を信頼したときにすべての真実が明かされる
 私は、人生のある時期から、自分の「内なる声(直感)」を信頼し、「周りの声(今までに学んだ常識)」ではなくて、常に、「自分の声」を聞き続けて生きるという生き方に切り換えました。「人間は本来、この生き方が自然であり、この生き方がこれからの時代の生き方なのだ」という情報に出会ったことがそのきっかけです。それまでの私は、そういう生き方は、「自分勝手だからだめだ」と教わってきて「なるべくそれをしないように」生きていたのです。そして、この生き方を実際に生きていくプロセスで「自分にとっては、どちらが本当の生き方なのか」と、常に自分自身と対話していく中で、「本当は自分はこの生き方を望んでいたのだ」とハッキリと気づき、自分が望んでいた素晴らしい体験が連続して起きるという現実を目の前にして、そのままこの生き方を続けてよいのだと許すことができたのです。
 「今までの生き方を続けている人達」の中にいて、この生き方を自分自身が受け入れること、周りの抵抗の中で実際に行動し続けることは、非常に勇気のいることでした。でも、「周りの声」を選ぶ人生で何が起きるかということは、嫌というほど今までの人生で体験していましたから、このチャンスに、その生き方を選ぶ決心をしたのです。
 新しい生き方を生きると決めたとは言っても、今までの価値観と全く正反対の生き方をする訳ですから、そのプロセスでは、自分自身、「本当にこの生き方をしてもよいものなのか」と何回となく疑いました。でも、「周囲の人達がどう見ていようと、それが自分にとって最も効果的な、楽な生き方なのだ」と感じる体験を積み重ねていくうちに、その疑いというのは、自分自身の行動や考え方を「良い悪いを判断する今までの生き方」で見ていただけ、自分が人の評価を気にしていただけ、「自分が自分を疑っている」からそう見えていただけだったと気づくと同時に、どんな考え方でも、「自分が信じればその通りになるのだ」ということを確信していきました。実のところ、今までも、「自分が信じていた生き方をしていただけ」であり、この生き方、体験は、「ただ信じるものを変えるだけ」で悪いことでもなんでもないのだ、ということを知ったのです。それが分かっていても、なかなかできないというのが、今までの生き方で身についた癖、今までのシステムの特質なのです。そして、周りの抵抗というのは、私自身のすることを「良いか悪いか」で判断しているのではなく、「単なる生き方、モノの見方の違い」によるものに過ぎず、それを価値判断することからそういう結果になっているのだということも段々とハッキリ見えてきました。そして、「今までのモノの見方は、自分で自分をワクにはめる見方であり、自由になるためには、その見方を変えていく必要があるのだ」ということに気づいていきました。このように、新しい体験や気づきを重ねるにつれて、「自分にとっては、この生き方のほうが真実なのだ」と確信するようになっていったのです。
 「自分に正直に生きる」という生き方を自分自身が実際に体験すればするほど、これが「人間にとっての自然な生き方」であることをあらためて実感していくことになりました。今までは、「正しい生き方」というものがあると錯覚し、自分のしたいことをせずに、自分を良く見せる、ひとの期待にそう生き方、「正しい自分」を見せるゲーム、「自分は正しい人なのだ」というフリをするゲームをしてきただけだったのです。人に、「正しい自分」を見せる演技、「自分は正常なのだ」と見せる演技をしてきたのです。それはただ、「自分の評価が下がるのを恐れていただけ」「人の良い評価が欲しかっただけ」のパフォーマンスに過ぎなかったのです。そこには、「自分のしたい生き方を認めていない自分」「本当の自分を偽っている自分」がいたのです。
 今までの自分は、「常識」や「社会」という幻想の中で、何も言わずに、波風を立てずに生きることを選んでいただけだったのです。その方法として、「人の期待通りに生きること」が最良の方法なのだと学び、それをそのまま演じていただけなのです。それが楽に生きていく方法、それが人生というものだ、と信じて、自分が自分を疲れさせているとも知らずに、本来の自分と偽りの自分に分裂して(「本来一つの意識である私という存在を自ら分けて、自然と一体である意識を分けて」)生きてきたのです。
 このような自分の体験を通して、数多い自然界の生物の中で、人間だけが唯一、「不自然な生き方」をしている存在なのだということもハッキリと気がつきました。そして、「世の中というのはそういうものだ」「現実はそんなに甘くないのだ」というフレーズが、自分で自分の行動を止める、自分にはめる最大の落とし穴、トリックだったことを知ったのです。
 このような、「自分がしたいことをやり続ける」というプロセスにおいて、完璧な、見事なタイミングで、自分の人生を効果的にするさまざまな人や情報と出会い、「自分の本当にしたいこと」「人生のメカニズム」「今までやっていたゲームの真実」「今この世界のシステムの矛盾」「自然(宇宙)の創造の法則」等々に気づくような、数多くの体験をしていくことになります。そして、自分が今まで避けていた「未知の世界」を生きていく中で見つけた、自分の人生を効果的にしていく様々なアイデアを、試行錯誤しながら自分用に加工して、使い続けてきました。
 それは、「今まで抑えていて行動、無理だと思っていたことを実際にやったらどうなるだろう」「非常識を行動に移したらどうなるだろう」「皆ができないでいること、結果を心配してやらないでいることをやったらどうなるだろう」「自分の声だけを聞きつづけたらどうなるだろう」と、人生のメカニズムを知るために、自分を実験台にしていろいろなことを試してきたプロセスでもありました。その結果として、「非常識だ」「迷惑だ」「問題だ」「狂ったんじゃないか」「人間として失格だ」と人から言われることに飛び込むという体験も数多くしました。当然のこととして、周りからそういう反応をたくさんもらうことになりました。でも、それに反して、やればやるほど「自分がどんどん楽になっていく」のを感じ、今まで起きなかった「自分が望む現実」が簡単に実現していくのを見て、実は、「常識」の方が、自然(宇宙)からみると「非常識」だったのだ、「自分勝手に」「あまのじゃくで」生きることが夢を実現する唯一の方法なのだ、ということをハッキリと確信していきました。そして、その解決のプロセスで自分用に見つけた新しい方法を実際に使い続け、その方法ですべて解決できることを自分に証明できたのです。
 自分がこの生き方を続けるうちに、「自分に使えたことを、同じ人間に使えないわけはない」「誰にでも応用できる、使える方法として整理できないか」「自分の体験から得たことを自分以外の人の悩みを解決することに使えないか」と、実際の日常生活の中で応用し、実用的なサポートができるように様々な研究を重ね手きた結果が、ここに「新しい時代の生き方」として提供している様々な情報なのです。その体験の中で、「同じパターンの生き方をしていては現実は変わらない」こと、「現実も感情もフィーリングも、すべてを自分が創りだしていること」を「身をもって」体験し、気づいていったのです。
 ここに提供する情報は、宗教でも、哲学でも、誰かの受け売りでも、机上の空論でもなく、今まで書いてきたように、そべて、自分自身が試し、自分自身の日常生活での体験の結果としてまとめられてものなのです。
 あなたは、もう、自分の悩みを解決するために、アレコレ試行錯誤することはありません。科学者が試行錯誤して発見した方法を、学校で簡単に教えてもらえるようにどうぞご自由に私の情報をお使いください。あなたが「これだ」と感じたものを試してください。書いてあることを眺めていても、結果を想像していても、あなたの人生において、あなたの悩みを解決するために有効なのかどうかは分かりません。私に起きている形を見ても、書かれていることを判断していても、あなたにどう作用するか、あなたがどんな体験をするかは分かりません。すべての情報は、使ってみなければその効果は分からないのです。あなたの期待通りの結果を創りだすかどうかは別にして、少なくとも、「この情報が使えるかどうか」は必ず分かります。
 慌てることはありません。考えているあいだに、実際に行動すればよいのです。考えていると、次から次へといろいろ可能性が顔を出し、終いには、「そんなことが起きたら困るからやめておこう」という得意の結論に達してしまいます。今までの生き方では、冒険を、リスクを避けようという心理が働きますから、想像の世界でも、そういう結論になってしまいます。でも、その結論はすべて想像上のものに過ぎません。そういうパターンを繰り返している限り、あなたの問題は何も解決せず、解決のチャンスを逸するとともに、次なる問題が湧き上がってくるだけです。自分が「これはいける」と感じたものを片っ端から使ってみるということをお勧めします。


***************************************

最新の連載記事は、先行して「都の風」(TLC匠公式WEBサイト)にてご覧いただけます。


ブログランキングに参加しています。
ご協力頂ける方は下の二つのバナーをそれぞれクリックしてください。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング参加中。 1日1度の応援プッシュをお願いします。

にほんブログ村ランキング

ランキング参加中、ご協力お願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

tlctakumi

Author:tlctakumi
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。